スピード発行クレジットカードのデメリット

スピード発行されるクレジットカードは、利用限度額が低めに設定されています。
それは審査時間をゆっくり取ることができないためです。
最初から利用限度額を高めにしておいて、上限いっぱいに使われて返済されないと困りますよね。

スピード発行ができるクレジットカードは返済能力の判断もじっくりと行わない傾向にあるため、とりあえず利用限度額を低くして発行しておこうということなのです。

ですから毎月クレジットカードをたくさん使いたい、大きな買い物をしたいという場合、スピード発行や即日発行のクレジットカードは向いていないかもしれません。
1ヶ月10万円程度の利用限度額だと、少しつかうとすぐに上限・・・になってしまいそうです。
これはスピード発行ができるクレジットカードの欠点であると言えます。
急いで使う予定がないのであれば、利用限度額が高めで発行ができる通常発行のクレジットカードの方が良いでしょう。

ただクレジットカードをマジメに使っていれば、利用限度額は勝手に引き上げられることがあります
(引き上げ時期や金額はクレジットカードによります)。
最初は少ない金額で我慢をしていれば、のちに大きな買い物もできるようになるということですね。